• 学ぶ
  • >
  • スタッフ間の仲間意識を育む6つの方法
スタッフ間の仲間意識を育む6つの方法
スタッフ間の仲間意識を育む6つの方法

9 01 2022 / Round the Table Magazine

スタッフ間の仲間意識を育む6つの方法

スタッフの絆を築く革新的な方法をメンバーがシェアします

By Matt Pais

対象のトピックス

スタッフ間の結束を高めるには優績スタッフの表彰やイベントの開催、あるいはスタッフ間の競争を促すなどさまざまな方法があります。直近のMDRTポッドキャストではMDRTメンバーがスタッフとの親密度を高める方法について対談を行いました。詳しくはmdrt.org/podcastからご視聴ください。

参加メンバー:
Aaron Kane, B Bus, AFA, オーストラリア ヴィクトリ
Adam Thomas Rex, CFP, AIF, アメリカ合衆国ヴァージニア州 Virginia Beachの12年間MDRT会員

1. Rex: 私達は四半期ごとに昼食勉強会を開催し、スタッフにファイナンシャル・プランニングに関する質問をまとめてもらっています。私達はお客さまのために一日中ファイナンシャル・プランニングについて考えをめぐらせていますが、オフィスには私達の助けを必要としながらも質問することができない、あるいは質問すべきではないと感じているスタッフがいます。そこで皆で昼食を持ち寄りファイナンシャル・プランニングについて率直に話し合える場を設けました。まず全体的な説明を行ったあとで質問を受けるようにしています。

2. Kane: 私達は役員室で半日かけて壁に付箋を貼り、ホワイトボードを使って私達の仕事における重要な価値とは何かを確認するようにしています。日々の生活の中で定期的に出てくるキーワードは何だろう?という問い掛けに始まり、その後はお互いをサポートし合うこと、情報共有を行い、明確なコミュニケーションや指示を出すこと、相互にフィードバックを行うことなどに対してチームの合意を得るようにしています。また定期的に集まって仕事に気を取られることなく楽しむ時間も大切にしています。

また毎月monday.comでアンケートを実施しています。スタッフは匿名で同僚を推薦することができ、前月にチームで合意した以上の頑張りを見せたスタッフの取り組み例を紹介しています。これによってスタッフは孤立することなく仲間がどんな取り組みをしているのかを知ることができ、経営者である私からだけでなく仲間からも評価されるのです。毎月受賞者を発表し、受賞者には毎四半期、加えて毎年開催している会議でも表彰を行い賞状とギフトカードを贈呈しています。

3. Rex: 私達は皆でエニアグラムの性格診断テストを楽しく受けています。まず私自身の性格について、例えば物事を仕切りたがる側面があるというようなことを冗談まじりに紹介します。その後それぞれのスタッフの長所に焦点を当てお互いの性格を理解するようにしています。そうすることで例えば「ニッキーは環境にすぐ適応できるから仕事ができるんだ」と言えるようになります。「なぜあの人はああいう風に考えるか理解できない」ということが少なくなります。それぞれの性格的特徴を理解することで、例えば特定の同僚と廊下ですれちがった際になにも反応がなければ、愛想が悪いからではなく何か他のことを考えているのだと思えます。

4. Kane: アドバイザーであれば見込客を顧客にするための説得材料をまとめたリストを用意しますが、同じように私達は会社(代理店)としてスタッフに何を提供できるかをおしゃれな小冊子にまとめて用意しています。新しいスタッフが入ったときに社員として得られるベネフィットを説明するために使います。実際私は毎年社員とご家族のために無料でファイナンシャル・プランに関するアドバイスを行っています。またスタッフの誕生日を祝うことも大切にしています。誕生日を迎えたスタッフがいれば、オフィスにいるときはいつもランチでお祝いします。数百ドルでケータリングを注文して役員室に料理を運びこんでもらうのです。また誕生日の人は半休を取れるようにしています。

5. Rex: 私達のオフィスでは競争が盛んです。私だけかもしれませんが、スタッフも競争することが大好きなようです。アメリカでは全米大学体育協会主催の男子バスケットボールトーナメントは一大イベントですが、その開催期間中に私達も複数の「マーチ・マッドネス」(前述のトーナメントの別称)コンテストを行っています。「トップゴルフ」(ゴルフ練習場施設)でコンテストを行ったこともあります。ゴルフボールを拾い集める小さなカートにボールを当てた人、あるいはその最も近くまでボールを飛ばした人が$20獲得するのが私達のお気に入りのチャレンジです。毎月天気の良い日にオフィスの外に出て楽しみリラックスできるよう心掛けています。

6. Kane: 私達にはフィリピンのセブ島にバーチャル・アシスタントのチームがいます。3人のスタッフがいるのですが、もう数年来一緒に仕事をしてきたので彼らもチームの一員として積極的に会議などに参加してもらうようにしています。チームミーティングには必ずZoomで参加してもらいますし、毎日の朝礼にも出てもらっています。やりすぎのように思われるかもしれませんし、実際「毎日?毎日チームミーティングをしているのですか?」と言われますが、毎朝9時30分にZoomで朝礼を行い、15分でその日やらなければならない重要なことを確認します。これをやることでスタッフは皆、他のスタッフがその日にやるべき3つのことを知り「そこは手伝えますよ。12時から少し時間があるので、その顧客に関して情報をインプットできると思います」という協力ができます。

また毎週火曜の朝に「Kahoot」というゲームをするのが恒例になっています。クイズ形式で各質問に4つの選択肢があり早押しで回答するという楽しいオンラインゲームです。

毎週勝者が決まり年間でも成績を集計しています。これもスタッフが集い交流する楽しい機会になっています。

Contact

Aaron Kane aaron@ekfinancialgroup.com.au

Adam Rex arex@cfspro.com